愛媛県でも東の方に位置する四国中央市にあるホテルを紹介します。

四国中央市は、川之江市と伊予三島市と宇摩郡土居町、摩郡新宮村が合併した市です。また四国中央市は香川県と高知県、徳島県に隣接した市でもあります。また、気候は温暖で穏やかな市です。この四国中央市内のホテルを、いくつか紹介しましょう。まずは四国中央市内にある、天然温泉東予の湯スーパーホテル四国中央です。このホテルの一番人気は無料の朝食です。朝日の光あふれる会場で、ビュッフェスタイルで召し上がることが出来ます。また、健康に配慮したバランスのいい食事になっていて、メニューも日替わりで和食と洋食の両方を用意してあります。四国中央のホテルランキング!また、朝食の時間帯にはカップの自動販売機を無料で開放しています。夜眠る時には、枕を選ぶこともできます。低反発まくらから羽毛、パイプチップなどの枕を貸し出していて、好きな枕で朝までぐっくりと眠ることが出来ます。また温泉は、愛媛県の西条市から運搬している天然温泉になっています。ナトリウム塩化物質で、筋肉痛や神経痛、関節痛などに効果があり、日ごろの疲れを癒すことが出来ます。次に紹介するホテルも四国中央市内のホテルで、ホテルグランフォーレです。こちらは、大自然に囲まれた穏やかな場所にあります。伊予三島駅から車ですぐ近くの所にあり、ビジネスとしても観光としても利用できます。このホテルでは料理が大変好評で、食楽宇宙(そら)でいただきます。新鮮な瀬戸の活料理で、職人の技が光る創作料理になっています。また、丸八真綿の安眠枕が洋室全室に用意してあります。豊かな弾力のフェザー枕と心地よい硬さのパイマー枕を合わせたようなアイディア枕です。

愛知県の南予地方に位置する大洲市にあるホテルを紹介します。

愛知県の大洲市は、「伊予の小京都」と呼ばれている市になります。また、肱川の中下流域からなり、肱川と矢落川とが合流する地点で盆地となっています。その大洲市内にあるホテルをいくつか紹介しましょう。まずは、小学校を改装した郷愁溢れる施設である、ふるさとの宿です。山奥にありながらも、設備がきちんとしていて、とても奇麗にしている点が好評となっています。またお風呂は、檜風呂となっていて旅の疲れを癒すのに最適です。また、歴史に出てくるような古民家風の宿で、お子様にとってもいい社会勉強になることでしょう。近くには、今も大切にされている浪漫八橋があり、日本ではとても珍しい屋根付橋を見ることが出来ます。全部で八つあり、御幸の橋や帯江橋、三嶋橋などが古くからあって有名です。次に紹介しますホテルも大洲市内にあり、目の前が鹿野川湖で自然に包まれた、鹿野川温泉大洲交流促進センター鹿野川荘です。こちらは、大自然に囲まれた静かな宿で、四季折々の景色が楽しむことが出来ます。ここのホテルの一番人気は温泉になっていて、良質の鉱泉を使用しています。また、大浴場や全てのお部屋から鹿野川湖を一望することが出来ます。大浴場の他にも、サンゴ湯やうたせ湯があり、サウナも完備されています。大洲の注目ホテルを見る。また、こちらは日帰り入浴も出来るようになっています。泉質は低張性弱アルカリ性泉となっていて、効能としては神経痛や関節痛、疲労回復や冷え症などに効果があります。

愛知県の西日本最高峰石鎚山の麓にある、西条市内のホテルを紹介しましょう。

愛媛県の西条市は、国の名水百選にも選ばれている「うちぬき」と呼ばれる自噴水や、カブトガニなどで有名な市です。それでは、西条市内にあるホテルをいくつか紹介しましょう。まずは、上質のくつろぎとワンランク上の快適さを満喫できる、西条アーバンホテルです。このホテルの一番人気は最上階の大浴場で、お湯は人工温泉になっていますが、広々とした点が好評です。また、展望風呂からの眺めは最高で、天気のいい日には空気が澄んでいて、石鎚山がとても奇麗に見えます。ホテルも伊予西条駅からすぐの駅前ターミナルにあり、アクセスもしやすくなっています。その上、台数に限定はありますが、レンタサイクルも利用することが出来ます。また、清潔感も感じられるリーズナブルなビジネスホテルと好評です。西条ホテル情報は宿らんが一番おすすめ。次に紹介するホテルも西条市内にあるホテルで、奇麗でゆったりとしたホテルルートイン西条です。また、大きな大浴場で足をゆったりと伸ばして疲れを癒すことが出来る「旅の湯」があります。こちらは、ラジウムにより軟水化されていて水辺りが柔らかくて、肌にうるおいを与える人工温泉になっています。ミネラル成分が発汗作用を施して血中のコレステロールや乳酸、毒素といわれる老廃物を汗として排出することが出来ます。更に血行も良くし、新陳代謝を活発にし、自然治癒力を高めることが出来ます。無色無臭ですので、好き嫌いなく心を解きほぐせるお湯で、お客様からも好評です。

愛媛県の南西部に位置する八幡浜市内のホテルを紹介します。

八幡浜市は、四国一の規模を誇る魚市場を持つ市で、佐田岬半島の付け根に位置し、天然の港として古くから栄えてきました。その八幡浜市内のホテルをいくつか紹介しましょう。八幡浜港から徒歩圏内の八幡浜センチュリーホテルイトーというホテルです。八幡浜のホテルをリサーチ!こちらのホテルは、四国隋一の魚どころの八幡浜にあり、料理が自慢になっています。和食懐石から郷土料理、イタリア料理、フランス料理などが用意されています。また特別の料理として、ランチのみの八幡浜名物である濱ちゃんぽんやパエリア、宇和海風鯛めしがあります。また、最上級のじゃこ天もあり、お料理の種類も豊富で人気があります。次に紹介するホテルも八幡浜市内にあり、九州にアクセスする拠点となるハーバープラザホテルになります。また、八幡浜市街に位置しているシティホテルで、部屋は基本的にツインになりますが、いろいろなプランが用意してあります。食事付きや食事なしも選べ、お値段もリーズナブルになっています。また、八幡浜駅からタクシーですぐの距離にあり、松山空港から八幡浜駅までリムジンバスが出ていて、アクセスもしやすくなっています。各部屋は、奇麗で清潔感を感じで良かったと好評です。また、お部屋からの八幡浜港の眺望が素晴らしく、人気のホテルとなっています。また、料金以上の豪華さやお料理の美味しさ、サービスなどが大変満足出来ると評判のホテルでもあります。

香川県の香川郡に属する直島町にあるホテルを紹介します。

直島は、香川県香川郡の、瀬戸内海に浮かぶ直島を中心とした大小の島から成り立っています。また、海の旅客ターミナルという意味の「海の駅」という施設があります。では、この直島町にあるホテルをいくつか紹介しましょう。瀬戸内海の直島にある、ペネッセハウスというホテルがあります。こちらのホテルは、自然や建築、アートをコンセプトにした美術館とホテルが一体になっている、安藤忠雄設計によるホテルです。宿泊棟は、美術館の中にある「ミュージアム」と、丘の上に建つ贅沢な空間が広がる「オーバル」、目の前に緑の芝生ときらめく海が目の前に広がっている「パーク」があります。また、瀬戸内海の水面と目線が合うような感覚になれる「ビーチ」もあり、全ての客室から穏やかな瀬戸内海が眺められるようになっています。また、外国人の方にも人気で、迷路のような建物になっているので、一度は泊ってみたいと評判です。直島で人気のホテルはこちら!次に紹介するホテルも直島町にある、直島ふるさと海の家つつじ荘です。パオと和風コテージの宿になっています。窓を開けると、目の前は海になっていて、直島の自然にとても癒される宿です。また、元キャンプ場だったので、国内では少し珍しい建物と感じられていて、面白い体験が出来ます。また、ベネッセハウスにも近くなっていて、ベネッセミュージアムには徒歩で行ける距離になっています。また、パオの宿泊は、家族で楽しめるようになっていますので、一度は体験してみたいという声の評判が高いです。

香川県の小豆郡に属する町である土庄町内のホテルを紹介します。

土庄町は、神奈川県小豆郡に属する町で、世界一狭い土渕海峡があることで有名な町です。また、手延べそうめんやオリーブ加工品が特産物になっています。こちらの土庄町にあるホテルをいくつか紹介しましょう。「エンジェルロード」が目の前に広がる宿である、小豆島グランドホテル水明です。また、客室や空中露天風呂、天然温泉大浴場のどこからも眺められるようになています。天然温泉は、アルカリ性単純温泉で、筋肉痛や神経痛、疲労回復に優れています。その他にも、ストレス解消や冷え症など、健康増進の効能があります。また、展望露天風呂から望む夕暮れの瀬戸内海や「1日2回の引き潮時に手をつないで渡るとと二人はずっと幸せになれる」と言われているエンジェルロードの眺めは、格別なものです。土庄のホテルのランキング!その露天風呂にも、「眺めの湯」や「白帆の湯」や「醤の湯」などいろいろな種類があり、どれも目の前に瀬戸の海が広がっていて、奇麗な景色を眺めながら、日ごろの疲れを十分に癒すことができます。お料理は、朝一番に捕れた地魚や山菜、小豆島オリーブ牛まで、小豆島の素材をふんだんに使った懐石料理があります。次のホテルも、土庄町内にあるホテルで、露天風呂が自慢のホテルグリーンプラザ小豆島です。目の前に広がる海を眺めながらの露天風呂は、お客様からも好評です。また、瀬戸内海に沈む夕陽を見ながらの入浴は、とっても癒されると、人気も高くなっています。また、お部屋からも目の前には海が一面に広がっていて、心休む時間を過ごすことが出来るでしょう。

海と山の自然に囲まれた香川県東かがわのホテルを紹介します。

東かがわ市は、香川県の東の端に部に位置し、徳島県鳴門市と隣接している市です。また、東かがわ市にある小さくてもキラリと光る資源を最大限に活かし、住んでも訪れても良い観光地づくりを目指しています。そんな東かがわ市のホテルを紹介しましょう。ホテル・旅館の口コミなら宿らんがおすすめ。三本松ロイヤルホテルは、高松と徳島の中心点にあるホテルで、瀬戸内海の和洋料理がお奨めになっています。また、ホテルの外観もお部屋も奇麗で清潔感があり、スタッフの方々の丁寧な対応が好評です。また、ビジネスにも観光にも適したホテルになっていて、とてもお得な連泊プランを用意してあり、お値段もリーズナブルになっています。また、便利なQUOカードを付けたビジネスマンに大人気なプランもあります。東かがわのホテルを徹底比較。その中でも一番人気は、野菜たっぷりのヘルシーディナープランで、夕食にはソースからメイン料理まで野菜をふんだんに使い動物性脂肪分を大幅に減らした「ヘルシーディナー」が用意されていて、ほど良いボリュームもあり男女問わず好評です。ワンランク上のフレンチを楽しみたい方にお奨めです。次に紹介しますホテルも東かがわ市にある、絹島温泉ベッセルおおちの湯です。こちらは、瀬戸内海の抱かれたお風呂で、絹島温泉の良湯を、いろんな種類の浴槽で楽しむことが出来ます。超微細気泡により、温浴効果や洗浄効果、美肌効果が期待できる「白泡美人の湯」や、リラックス効果が高い「源泉檜風呂」、アクティブに楽しむことが出来る「流水風呂」などがあります。泉質は、カルシウム、ナトリウム硫酸塩泉で、筋肉痛や神経痛に効能があります。また、スチームサウナも完備してあり、ゆったりとくつろげる温泉になっています。

香川県東部に位置し瀬戸内海に面したさぬき市のホテルを紹介します。

さぬき市は、日本一の日照時間を誇る香川県で採れた葡萄は、香りが高く味が濃いのが特徴です。また、特産の葡萄を原料に四国一のワイン工場「さぬきワイナリー」で醸造されたワインが有名です。このさぬき市内のホテルを紹介しましょう。香川県で唯一の数寄屋造りの平屋建ての純和風旅館で、薬師湯温泉旅館「竹屋敷」というところがあります。ここの温泉は、弘法大使ゆかりの温泉で、この地域では珍しい炭酸水素白冷鉱泉(アルカリ性低張性冷鉱泉)で、弘法大使が開いたとされる由緒ある温泉です。また、柔らかく肌に優しいお湯は、温泉法基準の何倍もの効能があり、日ごろの疲れや旅の疲れをゆっくりと癒してくれます。他にも神経痛や関節痛、慢性皮膚病、慢性消化器官や糖尿病など、健康増進の効能もあり、やすらぎの湯になっています。次に紹介するホテルもさぬき市内にあり、お客様からの評判も高い「旅宿にった」です。さぬきのホテル比較はこちら!瀬戸内海を一望できる好立地な場所にある宿で、晴れた日には淡路島まで見渡せる眺めは絶景です。また高台でお洒落なテラスから海を見下ろせる位置にあり、自然や旅に来たという雰囲気を味わうことができます。各部屋には奥さまが描いた花や風景画が飾ってあり、ホテルというよりはペンション風な雰囲気が漂っていて、心休まる時間を過ごすことが出来ます。また周辺には、田村神社や栗林公園、八栗寺などがあり、観光スポットも充実していて、夏には海水浴も楽しむことが出来ます。また食事は、野菜を中心とした家庭料理がたくさん出て来て、ボリュームもかなり多いと好評です。

香川県の西端で瀬戸内海に面した観音寺市内のホテルを紹介します。

観音寺市は、南の讃岐山脈や四国山地、北には中国山地の影響で台風などの自然災害が比較的少ない市です。その観音寺市内のホテルを紹介しましょう。観音寺市駅近くにある、抜群の機能性を誇るターミナルシティホテルの観音寺グランドホテルです。このホテル全室には、ブロードバンドテレビ及びインターネットが使用できるようにしてあります。また、こちらには、料理長お奨めの懐石料理があります。瀬戸内海の新鮮な魚を素材にしたお造りやメバルの煮つけ、地元の讃岐牛陶板焼ステーキ(温野菜付)、春の息吹を感じさせる旬のふきのとうやタラの芽の天ぷら盛り合わせなどがあります。また、筍の釜飯や海の幸、山の幸の数々を料理長の技を駆使した旬彩松会席膳が人気となっています。観音寺の人気ホテルを比較する!地元漁師からその日水揚げした瀬戸内海の新鮮な魚介類を使った一品とサービススタッフの心づくしのおもてなしが評判のホテルになっています。次に紹介するホテルも観音寺市にある、母神温泉かんぽの宿観音寺という所です。こちらは、四国の中心に位置し観光拠点としても最適です。また、美しい花々に囲まれて季節の訪れを感じることが出来ます。母神温泉は、地下深くから湧き出る良質の低張性弱アルカリ性泉の天然温泉で、関節痛や筋肉痛、冷え症などの効能が広くあり、お肌もツルツルになると利用者の方からの評判が高いです。また、源泉に加温してあり、レジオネラ属菌の発生を防ぐなどして安心して入浴してただけるように配慮してあります。また周辺には、こんぴら参道、金刀比羅宮や花の讃岐路があり、レジャーとしても楽しめる拠点になっています。

香川県の北西部にある善通寺市内のホテルを紹介します。

「心の都子」を目指している善通寺市は、空海の誕生地としても有名で、四国八十八箇所が多く点在している市です。この善通寺市にあるホテルを紹介しましょう。ことひら温泉琴参閣というホテルがあり、古き日本の心からのおもてなしが好評のホテルです。また、旅の楽しみである温泉は、ゆったりとくつろげる大きな天然温泉になっています。琴参閣、琴参閣讃水には、そのスケールや楽しさでは他には負けない大浴場「湯元ことひら温泉」があります。また、飛天館には、飛天館宿泊者専用の展望浴室と展望露天風呂にて、こんぴらさんの自然を楽しみながら入浴することが出来ます。また、かぶきの湯やこんぴらの湯などがあり、朝と夜とで男女交代することによって、たくさんのお湯を楽しめるようになっています。他に舟形湯船、バラ風呂などがあり、こころゆくまで温泉三昧ができるようになっていて評判もいいホテルです。善通寺の格安ホテルはこちら。次に紹介しますホテルも、善通寺市内にあり、五つ星の総合評価を持つ宿である湯元こんぴら温泉華の湯「紅梅亭」です。また、パワースポットとして有名な「金毘羅宮」門前町にたたずむ宿でもあります。温泉は天然温泉になっていて、「華の湯」「いこいの湯」と分かれていて、ひのきの露天風呂の他に内湯、たき湯やあわ湯などがあり、多彩なお湯を楽しむことが出来ます。また、薔薇の華風呂やデンファレの華風呂が時間指定で入浴でき、朝も夕も四季折々に花と風と月を愛でながらの入浴を心ゆくまで楽しむことができます。また、とても癒されるとお客様からの評判も高いです。